[[Index]]

ここは、TwitterのTLでちょっと話題になった、微速度撮影についてのまとめページです~
機材の用意以外は無料でできる範囲の解説です~


#contents

** 微速度撮影(インターバル撮影)って? [#fd491416]

 微速度撮影は、「TimeLapse」やインターバル撮影と呼ばれており、普通のスピードで
 動いているものをとっても速く動いているように見せる撮影の方法です。

自分が撮影した作品例
#ref(http://www.youtube.com/watch?v=Uw7-5_s7scQ,東京ゲートブリッジ)~
#ref(http://www.youtube.com/watch?v=_sbLLRbbEiY,さいたま新都心)~
#ref(http://www.youtube.com/watch?v=1C-eoDmcDY4,京都)~
#ref(http://www.youtube.com/watch?v=D_HvdHWEnDk,奥多摩)~

よく、テレビで山の雲が超速く動いてるように見えるアレです。


** 動画のしくみ [#h97ecb36]

 そもそも、動画は写真を重ねたものです。写真を1秒間に何枚も入れることで
 動いている画像になるわけです。
 1秒間に入れる写真の枚数をfps(Frame per sec)といいます。1枚の写真を
 動画ではフレームといいます。

通常の動画=30fps程度

               1秒
 +----------------------------+
 ||||||||||||||||||||||||||||||      |←写真

そこで、写真をわざと長い間隔で撮影してそれを普通の動画に合わせたフレーム
にすることで微速度撮影動画に変身します

          1秒                             2秒                           3秒
 +----------------------------++----------------------------++----------------------------+
 |                             |                             |


この例でいくと、30秒撮影したら、写真が30枚。で30fpsに時間を圧縮することで1秒分となるわけです。

** 必要な機材 [#w0043421]

・カメラ
 これが無いと始まらないっ!ただ、条件があって。。
 1.マニュアルフォーカスが出来るもの
 2.リモコン端子が付いてるもの。

-1については。。
--シャッターを切るたびにAF動くと電池を多く消費する。
--ピントが頻繁にずれると動画にまとめたときにおかしくなる

-2については。。
--シャッターを自動で切ってもらうためのリモコン接続が必要

・そこそこ速いSDカード
 1秒って長いようで早い時間。カードへの書き込みが間に合わないようだとタイミング
 がずれてしまう。Class10の32GBは用意しておいて損は無いですよ

・三脚
 長い時間、同じアングルで固定するために必要

・タイマーリモートコントローラー
 シャッターリモコンで、一定時間ごとに切れるもの。手でやってたら辛過ぎです(´・ω・`)

・PC
 たくさんの写真を動画にするのに使います

・ガマン!
 これが最重要かも。1時間で1分程度の動画にしかならないから
 あ、寒い屋外で撮影の場合は、防寒も忘れずに!

&size(20){こ れ だ け !};
タイマーに関しては自作のページもあるので後ほど:-)

** いよいよ撮影 [#o924f84b]

動きがあればどこでも出来上がりは楽しいです!
駅前、交差点、JCT、海、湖 等々。。。

ここでカメラの設定についてアドバイス

動画にする際に、FullHD、もしくはHD解像度に縮小してしまうので、カメラの解像度は~
そんなに高くする必要はないです。~
また、画質についてもRAWで記録する必要は全くなく、JPG記録で十分です。~
自分は以下の設定にしています。参考にどうぞ~


 画素数:5MPixel
 画質:FINE
 記録:JPGのみ
 アスペクト比:16:9
 フォーカス:マニュアル
 撮影モード:風景

** 撮影した写真をファイル名整理 [#a64bc3bd]

撮った写真は、何千枚もあります(゜Д゜;)
RAWで撮ってしまってたら全部現像しないといけません。

ファイル名の整理とは、動画にする際に、連続であることを編集ソフトに教えるために~
ファイルを全て連番にします。

自分のカメラ(DMC-G2の場合)SDカード内のフォルダ構造はこんな感じになっています
 X:\
  |
  +DCIM
    |
    +101PANA
    | |
    | +P1010001.jpg
    | +P1010002.jpg
    | +P1010003.jpg
    |   ・
    |   ・
    | +P1010998.jpg
    | +P1010999.jpg
    |
    +102PANA
      +P1020001.jpg
      +P1020002.jpg
      +P1020003.jpg
        ・
        ・
      +P1020998.jpg
      +P1020999.jpg

999枚になると102PANAが出来て撮影されていく仕様でした。
たくさんの写真を、1つのフォルダにまとめるようにPCへ取り込みます。

 Y:\
  |
  +DCIM
    +P1010001.jpg
    +P1010002.jpg
    +P1010003.jpg
      ・
      ・
    +P1010998.jpg
    +P1010999.jpg
    +P1020001.jpg
    +P1020002.jpg
    +P1020003.jpg
      ・
      ・
    +P1020998.jpg
    +P1020999.jpg

こんな感じ。

** 撮影した写真を加工 [#ed74e4a0]

加工は、トリミングとリサイズをします。~
ソフト使って一括でファイル名変更と同時にやっちゃいます

使うソフトはRalphaです
#ref(http://nilposoft.info/ralpha/,raplhaのサイトはこちら)

起動したら、出力フォルダの設定をまずやります。入力フォルダと同じで問題ないでしょう~
#ref(ralpha001.jpg)
#ref(ralpha002.jpg)

ファイル名生成規則の項目で、resize\hogehoge_<n4>と入力しておきます。これにより、変換を実行時、resizeというフォルダを作ってその後に~
4ケタの連番ファイル名に変更されます。~
その後、プレビューを表示しながらどこを切り取るかを決め、フィルタを適切にします。トリミングで切り取り、リサイズで縮小です。~
右側の項目をドラッグすることで順番がかえられます。トリミングしてから縮小でもいいし、縮小してからトリミングでもOKです~
撮影の時点で16:9に変更しているからいつも縮小だけ行っています~

#ref(ralpha003.jpg)

大きさ、長辺のパラメータは、「長辺基準(px)」、「1920」とすることで自動的にFullHD
1920x1080にしてもらえます。~

#ref(ralpha004.jpg)

最後に、画像1枚を右クリック、プレビューをクリックして確認したら変換です

** 動画の作成 [#i4d0e3a3]

連番JPGがそろったところで、いよいよ動画の作成です。
ソフトウェアはaviutil、拡張編集Plugin、x264guiEx(拡張x264出力(GUI)Ex)、DirectShow File Reader プラグイン for AviUtl
が最低限必要です~

#ref(http://spring-fragrance.mints.ne.jp/aviutl/,AviUtlのサイトはこちら)~
aviutl100.zip version1.00 をダウンロードして使います
#ref(http://spring-fragrance.mints.ne.jp/aviutl/,AviUtl拡張編集Plug-inのサイトはこちら)~
exedit92.zip version0.92 をダウンロードして使います
#ref(http://rigaya34589.blog135.fc2.com/,x264guiEx(拡張x264出力(GUI)Ex)のサイトはこちら)~
x265guiEx 2.27をダウンロードして使います
#ref(http://videoinfo.tenchi.ne.jp/index.php?DirectShow%20File%20Reader%20%A5%D7%A5%E9%A5%B0%A5%A4%A5%F3%20for%20AviUtl,DirectShow File Reader プラグイン for AviUtl のサイトはこちら)~
ds_input026a.lzhをダウンロードして使います

aviutlのzipファイルを解凍し、そのフォルダの中でpluginsフォルダを作成します~
そのあと、拡張編集pluginを、pluginsフォルダに解凍します~
ds_input026a.lzhもpluginsフォルダにファイルだけ取り出して解凍します~

3つのファイルを解凍した時点では、以下のようなフォルダ構成になります~

 aviutl100
  |
  |+aviutl.exe
  |+aviutl.txt
  |+aviutl.vfp
  +plugins
    |
    |+exedit.anm
    |+exedit.auf
    |+exedit.aui
    |+exedit.auo
    |+exedit.cam
    |+exedit.ini
    |+exedit.obj
    |+exedit.scn
    |+exedit.tra
    |+exedit.txt
    |+lua.txt
    |+lua51.dll
    |
    |+ds_input.aui
    |読んでね.txt

最後に、インストーラーのついているx265guiEx 2.27を解凍して「auo_setup.exe」実行、インストールします。~
aviutlフォルダを聞かれるので、pluginsではなくaviutl.exeが置かれているフォルダを指定してください~

インストールまで行ったファイルを一応置いておきますが、動作は保証しません~
Windows7 64bit環境で生成しました~
#ref(aviutl_mp4.zip)

aviutlを起動して、「ファイル→環境設定→システム設定」をクリックして設定ウィンドウをだし、1920x1080を最大画像サイズに書き換えます~
OKをクリックして閉じた後、aviutlを終了して再度起動、システム設定で1920x1080になったか確認をします~
#ref(aviutl01.jpg)

「設定→拡張編集の設定」をクリックし、拡張編集のLayerを表示させます~
「表示→ツールウィンドウの表示」をクリックし、フィルタの設定を表示させます~
拡張編集のLayer1〜5の隣にある時間軸どこかを右クリックし、「新規プロジェクト作成」をクリックします~
画像のサイズとフレーム数を設定します。動画の仕組みのところから、枚数とfpsを計算してどれくらいの長さの動画を作りたいか入力します~
#ref(aviutl02.jpg)

再び、拡張編集のLayer1〜5の隣にある時間軸どこかをクリックし、「メディアオブジェクトの追加→動画ファイル」をクリックします。~
#ref(aviutl03.jpg)

「参照ファイル」のところで、変換した画像の0001をクリックしてやると、すべて読み込まれ、動画になります。~
#ref(aviutl04.jpg)

Layerは数字が大きくなるほど上に重なります。したがって、layer1に背景、Layer2にテキストを加えることで背景に文字を上書きすることができます。~
長さや場所はドラッグで変更し、挿入はメディアオブジェクトの追加でいろいろ試してみてください。~
「表示→再生ウィンドウの表示」をクリックすることにより、出力前にどんな出来具合がを見ることができます。~
#ref(aviutl05.jpg)
動画全体の長さは、左下にあるスライダを動かし、右下の→|をクリックするとそこが終わりになります。出力時はその部分までになりますので短くしすぎないように注意が必要です~
#ref(aviutl05-1.jpg)

動画の出力は、「ファイル→プラグイン出力→拡張 x264 出力(GUI)Ex」から行います~
#ref(aviutl06.jpg)

ビデオ圧縮をクリックして、圧縮率等の調整を行います。~
出来上がる動画のサイズがわかりやすいように、「シングルパス - ビットレート指定」を選択しています~
ビットレートは、FullHDであれば4000kbpsあれば十分であるように思います~

#ref(aviutl07.jpg)

OKをクリックした後、保存先を選ぶ画面に戻るので、保存をクリックすれば自動で出力が始まり、保存されます~

#comment_kcaptcha

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS