[[Index]]

せっかく、NICを3枚さしたんで、bondingの構成にしてみた
Alteonの方は、port345を使うことにしてtrunkの設定。
Trunkするためには、client serverモードが必須らしい


 >> Main# /cfg/slb/port 3
 ------------------------------------------------------------
 [SLB port 3 Menu]
         clien - Enable/disable client processing
         servr - Enable/disable server processing
         pip   - Set Proxy IP address for port
         filt  - Enable/disable filtering
         add   - Add filter to port
         rem   - Remove filter from port
         cur   - Display current port configuration
 
 >> SLB port 3# cur
 Current port 3:
      0.0.0.0,         client  enabled, server  enabled
      filt disabled, filters: empty
 
 
4,5も同じように設定。
 
 >> Main# /cfg/trunk 1
 ------------------------------------------------------------
 [Trunk group 1 Menu]
         add   - Add port to trunk group
         rem   - Remove port from trunk group
         ena   - Enable trunk group
         dis   - Disable trunk group
         del   - Delete trunk group
         cur   - Display current Trunk Group configuration
 
 >> Trunk group 1# cur
 Current settings: enabled
     ports:  3, 4, 5

enableして、addするだけ。
あとは反映と保存。
Alteonとネゴシエーションの相性がよろしくないみたいで345番ポートは
100M/Full固定

 >> Main# /cfg/port 3/fast
 ------------------------------------------------------------
 [Fast Link Menu]
         speed - Set link speed
         mode  - Set full or half duplex mode
         fctl  - Set flow control
         auto  - Control autonegotiation
         cur   - Display current fast link configuration
 
 >> Fast Link# cur
 Current Port 3 Fast link configuration:
     speed 100, mode full duplex, fctl both, auto off

ついでに、eth0,1,2も100M/Fullに固定
 ethtool -s eth0 speed 100 duplex full autoneg off

e1000は、/etc/modprobe.confにこれ書くと固定化された
 options e1000 Speed=100 Duplex=2

3c59xとe100はまだわからないからethtoolで確認することにしよう。


bondingの設定はgoogle先生や他サイトの情報を元に。

 /etc/modprobe.d/bonding
 alias bond0 bonding
 options bonding mode=0 miimon=200

rebootするとモジュールが組み込まれるから、I/Fを先に設定

 /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-bond0
 DEVICE=bond0
 BOOTPROTO=none
 BROADCAST=192.168.22.255
 IPADDR=192.168.22.254
 NETMASK=255.255.255.0
 NETWORK=192.168.22.0
 GATEWAY=192.168.22.107
 ONBOOT=yes
 TYPE=Ethernet

HWADDRは要らないっぽい

 /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
 DEVICE=eth0
 BOOTPROTO=static
 ONBOOT=yes
 MASTER=bond0
 SLAVE=yes
 TYPE=Ethernet

eth1,eth2も同じファイルで。

これでリブートすれば反映される
ifdown eth0とかすると通信しなくなるから、冗長の確認は
それで出来る。

vmware側のbonding指定は、「/etc/vmware/locations」のところをいじればオッケーみたい。

 answer VNET_0_INTERFACE bond0

自分のやつは3箇所ぐらい合った。
反映はrestart

こんな感じ。

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS